前へ
次へ

肩こりをシンプルな方法で解消

整形外科医いわく、肩こりはセルフケアでも十分にこりに効果が期待できることを謳っています。しかし、ひどくなると「吐き気」「頭痛」を起こすなど、慢性化している状態であれば、適した治療を受けましょう。通常なら、首や肩の筋肉の緊張が強くなっているために肩こりが発症しており、こり専門となる整体では、緊張を緩めるために筋肉ほぐしから治療をスタートさせるといいます。痛みの違和感は決して放置ができません。吐き気を伴うほどであれば、脳神経科の病気を疑うこともしましょう。検査で異常がなければ安心できますし、早期発見できれば早期治療も可能です。肩こりの解消の1つは至ってシンプルで、頭の重みを和らげるために横になる時間をつくることです。ラクな姿勢で、肩がリラックスできる寝姿勢であることが効果的です。横向き寝でも、肩部、背筋が伸びた姿勢なら、長時間同じ姿勢でも疲れにくいのが特徴で、疲れていないのなら正しい姿勢である判断がつきます。

Page Top