前へ
次へ

肩こりに悩まされている人におすすめ

肩こりがひどくて体調不良になることはあります。ガチガチに凝り固まっている人は頭痛を発症してしまうこと

more

肩こりをシンプルな方法で解消

整形外科医いわく、肩こりはセルフケアでも十分にこりに効果が期待できることを謳っています。しかし、ひど

more

肩こりの治療ができるところは本当に多くある

もし今、肩こりの治療をしてもらいたいのであれば、改善できるところは山ほどあるので、よく考えて選ぶよう

more

肩こりを放っておいてはいけない

肩こりで悩む人が非常に多いと言われますが、その症状を訴える人が成人だけではないようです。今では小学生の子供たちまでが、この肩凝りに悩まされることになり、成人だけの悩みではなくなっているのが現状と言って良いのでしょう。肩こりにはいろいろな原因が考えられますが、まずは同じ姿勢でのデスクワークが言われます。パソコンの発達から同じ姿勢で仕事をすることが多くなり、首や肩の周辺での筋肉を緊張させることが続くことで、肩こりが起きてしまいます。またこのパソコンを長時間利用することで、目を酷使してしまい眼精疲労を起こしてしまうことになって肩凝りを起こしてしまうこともあります。更には仕事などからのストレスも大きな要因となっています。精神的な問題などからのストレスは、自律神経が活発に働くことになり、筋肉を緊張させてしまうことになります。特に肩付近の筋肉が緊張してしまった時に起こるのが、肩凝りとなってしまいます。この緊張が続くことで、慢性的な肩凝りとなってしまう人が増えているのも、現実のことと言われます。そして年齢を重ねることで多くの人は運動不足になってしまい、筋肉が自然と衰える上に運動不足が重なることで筋肉疲労を起こしやすい身体になって行きます。筋肉疲労から血行不良になってしまい、肩凝りへと繋がってしまうことになるのでしょう。この肩こりを放っておくと、いろいな病になやまされることになりかねません。中年の人が多くかかる四十肩や五十肩と言われる症状に悩まされることになってしまいます。肩関節とその付近にある筋肉などが慢性的な炎症を起こしてしまい、腕を上げることや後ろに回すことが出来なくなってしまう症状です。多くは半年から一年程度で回復することになりますが、その間は非常に不便な生活を強いられることになってしまいます。また肩凝りは高血圧にも注意が必要になり、肥満などになってしまった時には、要注意となってしまいます。

大阪にて人工妊娠中絶の手術が受けられる婦人科
土日祝日に手術をすることも可能ですので、お悩みの方はぜひご相談ください。

豊田市で一番ママに優しい接骨院はこちら

土日も診療してくれる行徳の歯医者さん
平日はお仕事があってなかなか足を運べないという方はみなとデンタルクリニックにお越しください

吉野町にて幅広い世代の治療を行う歯医者
お子様から高齢者まで年齢に応じた最適な治療をしています。

歯を残す治療がコンセプト
久地駅すぐのきむら歯科クリニックのテーマです

Page Top